FC2ブログ
 私は今でこそ考察などのblogをやっておりますが、それまではどちらかといえば創る側の人間でした。売れてたとか人気が有ったと言うことではなく、自己満足の範囲ですが創作が楽しかったし、ずっと続けていくものだと思っていた。

 けど、それは突然終わってしまった。そこまでは当然のように延びていた線路が突然切れて先がなくなってしまったような感じで。陸は続いてる、崖ではない。でも確かなどこかを目指していた線路が突然途切れてしまって戸惑った、戸惑っている。

 原因の一つは自分の身の周りへの関心が薄れたたことだろうと思います。恋愛にも、友情にも。そこへの想いを、ひたすら創作にぶつけていた自分が居たんだと初めて気付きました。でも、気付いたからといって想いが蘇る訳じゃない。そんなに簡単なことじゃない。

 創作は好きだった。時間を忘れて夢中になった。泣くような辛さも笑い足りない楽しさも、心に残せたのは創作があったから。逆に考えれば今の自分には心に残したいだけの何かが無いとも言える。それはあんまりにも寂しいよ、寂しすぎる。だから、取り戻したいなと思う。だから、エロゲをやっているのかも。

 音楽映画小説漫画ライトノベルにゲームetc、どれもが素晴らしい創作だ。けれど、エロゲほど長い時間を共に過ごせる創作はそうない。ADVという形式の最大の武器は、その分量。プレイ時間。長いものであれば50時間、60時間。それだけの時間、世界に浸っていれば同じ言葉でも重みが違ってくる。生きてきた分だけ重くなるものが有るように、作品を読む上でもそれは恐らく同じなのだ。そうして読み進めるクライマックスは、どの創作よりも胸に沁みるんじゃないだろうか。深く、心に突き刺さったなら、自分が諦めてかけている何かが再び燃え上がるんじゃないだろうか。

 そんな風に思うから、私はエロゲを選び、続けるのかもしれない。ですが、実際にプレイに移るにはプレイを持続できるだけの集中力と継続する為の連続した時間が必要です。そうなるとなかなかベストな状態って無い訳ですよ。ということで続きの話をその内書こうと思います。お題は「アニメが原作を超えるとき」です。どうぞご贔屓に~。



 関連記事:Re:Re:Re: 作品を通し探したい自分、語りたい言葉
スポンサーサイト