上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『CARNIVAL』プレイしました。小説版も読みました。やるせねぇ。

まぁ、やるせねーのは小説版なんですけどね。エンディングの後の物語って幸せなものばかりを想像してしまうけれど、そうではないことももちろんあるはずなんだよなぁ。「え?その幸せっていうのはどういうヤツなの?」と聞かれるとハッキリとは言えない訳だけど、幸せそうに見えるヤツだよ。うん、でもあれが彼らにとってのハッピーエンドだったのかもしれない。わかんねーよ。

twitterでもpostしたけど、僕のすきな『とらドラ』の竜児と大河の後の人生が幸せであるとは限らない。貧困に喘いで、年齢以上に老けたりとか、うまく行かなかったりするかもしんない。そういう風に考えるとどうにかなりそうだけれど、そうならないって言い切れない。けど、竜児と大河の可能性とか強さを信じてやれていないみたいで嫌にもなる。なんだかなぁ。

エンディングの後にも物語は続いていくってことはこれまでも意識していたけれど、やるせないのを突きつけられちゃうと言葉がないなっていうとこなのかな。なんかもっとちゃんと考えたいけれど、うまく考えられない。まぁ、ゆっくり考えたらいいのかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。