上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 J1サポーター:物投げあい、浦和側がガンバ側を缶詰めに(毎日jp)

 先日ガンバ大阪×浦和レッズ戦でサポーター同士の乱闘騒ぎがありました。僕はそれなりにサッカーが好きで、結構好意的なイメージを持っている人間です。野球の方が好きですけどね。それでも今回の問題はちょっと引いたと言うか、ちょっと近づきたくないなぁ、怖いなと思いました。事実はこうだった。メディアは大げさに言っているだけ。そんなことも確かにあるかもしれません。しかし、私たちに第一に伝わってくる情報はメディアの声であり、ヒヨコの勘違いではありませんが最初に持った印象と言うのはなかなか変わりにくいものだと私は思うのです。

 大事なのは実際どうだったか、どちらが悪質だったかではなく、どの様に報道されたかなんだと思います。現在のメディアの力は絶大です。良くも悪くも誇張されたニュースが飛び交い、頭に入れるかどうか迷ってしまう。しかし、実際の所触れ合っていない事柄に対して私たちの好奇心はノーガード状態に近い。迷いながらも少しずつ刷り込まれているように感じる。今回の暴動騒動の真実はどこにあるのか、それは分からない。信じられる情報がなくグレーだと私は感じている。だが、今回の騒動で私はサッカー観戦に行こうという気持ちが無くなった。大事なのはここだと思っています。
 
 オタ情報もかなり誇張されて報道されているが、関わりの無い人たちは信じてしまっているケースもない訳ではない。秋葉原はストリップ紛いのショーやらが繰り広げられる場所と思われているかもしれない。オタ文化が犯罪に繋がると強く信じられているかもしれない。しかし、私たちオタクがどんなに声を張り上げた所でそれが覆ることはないのだと思います。黒だと言うことは出来るかもしれないが、白だと証明することはとても難しい。良くてグレーだとすれば、どうしても最初についたイメージが先行してしまうんじゃないだろうか。
 
 オタのイメージ回復を図るならば、早急に特別な手を打つのではなく、軽率な行動を控え楽しく慎ましく生きる。やはりこれだと思う。当たり前のようなことが当たり前に出来なくなってきているのではないか。そんな風に思いました。また、そうして積み重ねたことは2次元規制等に対しても少しは力を発揮するんじゃないかと思うんです。もっと別の方法があるのかもしれませんが、私にはそれしか思い浮かびませんでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://re44.blog102.fc2.com/tb.php/68-19aea9ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。