上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 twitterの特性というのはオンタイムでのつぶやきであることと、とても小さなことでもつぶやける、つぶやき易いという点にある。従来のメッセンジャーのようなものであれば、わざわざ声をかけて「ねむい……」などということはできない人も多かっただろう。しかしついったーにはその垣根がない。また一言が自分のふぉろわー全てに繋がると言う点でお手軽だ。また難しい悩みについても手軽にポストし、リプライが返ってくることも多々あるという点でも優れていると言える。前の例と被ってしまうが、わざわざメッセで呼び出して悩みを吹っかけると言うのは人によっては気が重いものだ。だがついったーなら簡単にポストして、親身にリプライして貰える事もあるし、またリプライをもらえなかったとしてもフォロワーに現在の精神状態を知ってもらうことも出来る。遠まわしに元気付けてもらえることもあるんじゃないだろうか。

 が、それならチャットと変わらないんじゃ?と思う人もいるかもしれないがそれは間違いだ。チャットというのは一つの話題に関して全員で話すことにおいて秀でているのであって、ばらばらの話題を追うのには向いていない。明るい話題を扱っているときに突然ネガティブ発言をされても迷惑というか色々ぶち壊しである。しかしtwitterなら飽くまで自分のつぶやきであり、タイムラインで交わされている共通の話題があったとしてもそれに乗る義務は全くないし、空気を読む必要もないのだ。(※個人のさじ加減でどうぞ)

 以上のような理由で私はtwitterに割く時間が日に日に増える一方だが、勿論気をつけるべきことも沢山ある。140文字という制限の中でのつぶやきなので、意図した意味が伝わらずに間違って受け取られることもありうる。140字もあれば……と思うかもしれないが、いざ難しい話題などを扱ってみると140字が以下に少ないか実感できるのではないかと思う。またつぶやき易いがために軽はずみな言動を取ってしまう可能性も恐らく上がる。そういった諸々を注意する必要性は他のコミュニケーションツールより高いのだ。

ついたーの"発現のし易さ"は結構危険だと思っている。"つぶやき"とはよく言ったもんで本当にポロッとつぶやいてしまう。自分に損が生まれるだけならいいけれど、誤って人を傷つけちゃうとどうしようもないからなぁ。ネットでも新しいコミュニケーション形態で新しいノウハウが必要なように思う。
(―スース(Re:44)のつぶやき


 twitterは確かに便利であり、新しいコミュニケーションの形態といえるが、まだ新しいがために新しいノウハウも必要だと私は考える。今から使ってみようと思う方も、今現在使っている方も、その辺りに気をつけて使ってみればより楽しいtwitterライフが遅れるのではないかと思う。



 P.S.
 Replyは待つものではなく自らするものです!交流を持ちたい人がいるのなら、積極的にReplieしてみては如何でしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://re44.blog102.fc2.com/tb.php/74-cc220c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。