上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 エロゲのシーンでヌけるかヌけないかってのはどれくらい重要なんでしょう。シナリオがよいと言われるような泣きゲー等では度々"ヌけなかった"という意見を聴く気がします。そしてその意見に対する返答で度々見かける思うのが「このゲームはヌキゲーじゃねーだろ」などそれに類似する意見。僕もそういう気持ちはありますが、それっていいのかなーとか。いくらキャラがかわいくとも、シナリオがよくとも、エロゲとして売り出している以上やはり"ヌけるかどうか"は大切ではないのか。シナリオがよければいいんだと言っているのは「エロゲーにエロは要らない」と言っているのと一緒ではないのか。そこんところがもやもや。
 
 立ち回りがどうであれエロゲにおいてエロシーンってのはそれなりのウエイトを占めるもんなのだよね。ヌキゲーじゃないからえろくなくともokってのは邪道なのだな。多分。
コメント
この記事へのコメント
初めまして。

私の意見では、エロゲーは3つのタイプに分類できると思います。
①抜きゲータイプ:和姦・凌辱問わずエロが売りになっている一般的な作品。
②シナリオ重視タイプ:アンモラルやグロなどエロゲーでなければ表現しにくいテーマがある作品。例えば腐り姫なんかは抜けないけどエロが無いと魅力が半減すると思う。
③食玩タイプ:一番作りたいものはエロじゃないけど、エロゲーの肩書きが無いと売れない為、一応エロを入れましたよ、というゲーム。昔のエロゲーや同人では寧ろ①より多かった。東方も昔なら絶対エロゲーになってたと思う。型月作品は多分②ではなく③。

③は論外ですが、②は傑作が多い気がします。エロゲーだから表現できるという作品を邪道と言うのはやっぱり違うんじゃないかな、と。③ばかりで抜きゲーを探すのも一苦労な黎明期を過ごした人間からすると、抜き分が欲しいなら素直に別の評判の良いのを買えばいいんじゃない?と思ってしまいますけどね。

2008/10/30(木) 13:14:34 | URL | ユージン #-[ 編集]
>>ユージンさま

毎度遅レスとなっており申し訳ありません。

>>エロゲーだから表現できるという作品を邪道と言うのはやっぱり違うんじゃないかな
これは確かにそうですね。

確かにそれぞれ優れてる点がある以上、それを満たすものを買って欲求を満たすのが一番健康的ではあるんですが、どうも"エロゲー"ってところに拘ってしまう自分も居るようです。
2008/11/29(土) 15:48:53 | URL | Re:44 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://re44.blog102.fc2.com/tb.php/88-a62cafe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。